icon icons sns_icons Google Play
お支払い方法について
クレジットカード決済、コンビ二決済、ネットバンキングに対応しています。
送料について

詳細な送料についてはこちらをご覧ください。

配送方法について
配送方法についての詳細はこちらをご覧ください。
返品について
商品がお手元に届きましたら、すぐに内容のご確認をお願いいたします。
返品・交換についての詳細はこちらをご覧ください。
Featured 2020
キナリノモールについて
キナリノモールについて
暮らしを素敵にするモノを集めたショッピングモールです。

メールマガジンについて

メールマガジンについて
キナリノモールから季節に応じて、おすすめアイテムのご紹介やお得なキャンペーンのご案内します​。

沖縄の恵みと知恵を、日々の生活に。

琉Q(ルキュー)は、自然の恵みが溢れる沖縄発祥の商品開発プロジェクトです。
沖縄で営まれてきた”健やかな生活”にヒントを得て、誕生しました。
”沖縄の特産物や、家庭で永く愛されてきたもの”をプロダクトコンセプトに、
商品を通して”沖縄の恵みと知恵”を、わかりやすく紹介していきます。

商品開発にあたって大事にしていることは”素材や製法にこだわった良いもの”であること。
できるだけ無添加・無農薬栽培にこだわり、自然本来のものを大切にお届けしていきます。

沖縄の「昔ながら」を食卓に招ける素敵なセット

自然の恵みが溢れる沖縄発祥の商品開発プロジェクト「琉Q」が、昔から日常的に使われていて「沖縄にはなくてはならない」二つのアイテムをセットにしました。

ひとつは、さらさらと口当たり良く、上品なまろやかさが特徴の「きび砂糖」。
サトウキビから作られる沖縄では昔から食べられている砂糖です。

もうひとつは、西表島にいる天然記念動物イリオモテヤマネコをモチーフにした「やちむん」。
沖縄では焼き物を「やちむん」と呼び、長らく親しまれている陶器です。

きび砂糖は、黒糖の可能性を追求し新たな美味しさを提案している創業42年の「黒糖本舗垣乃花」、山猫のやちむんは、猫好きで猫のモチーフを作り続けている「にゃんころ屋」にお願いしました。

どれも作り手のこだわりが詰まったアイテム。
ひとつずつご紹介していきます。

自然の恵みが溢れる沖縄発祥の商品開発プロジェクト「琉Q」が、昔から日常的に使われていて「沖縄にはなくてはならない」二つのアイテムをセットにしました。

ひとつは、さらさらと口当たり良く、上品なまろやかさが特徴の「きび砂糖」。
サトウキビから作られる沖縄では昔から食べられている砂糖です。

もうひとつは、西表島にいる天然記念動物イリオモテヤマネコをモチーフにした「やちむん」。
沖縄では焼き物を「やちむん」と呼び、長らく親しまれている陶器です。

きび砂糖は、黒糖の可能性を追求し新たな美味しさを提案している創業42年の「黒糖本舗垣乃花」、山猫のやちむんは、猫好きで猫のモチーフを作り続けている「にゃんころ屋」にお願いしました。

どれも作り手のこだわりが詰まったアイテム。
ひとつずつご紹介していきます。

琉Q山猫のやちむん

沖縄ではポピュラーな日用品として、お皿やどんぶりに「やちむん」が使われ、親しまれています。
もとを辿ると縄文式土器にまでさかのぼり、「やちむん」として発展したのは昭和56年に、職人たちが読谷村(よみたんそん)に移り住んだのがきっかけと言われています。
その「やちむん」の産地として有名な読谷村のすぐ隣、沖縄市の工房「にゃんころ屋」で琉Q山猫が作られています。

沖縄ではポピュラーな日用品として、お皿やどんぶりに「やちむん」が使われ、親しまれています。
もとを辿ると縄文式土器にまでさかのぼり、「やちむん」として発展したのは昭和56年に、職人たちが読谷村(よみたんそん)に移り住んだのがきっかけと言われています。
その「やちむん」の産地として有名な読谷村のすぐ隣、沖縄市の工房「にゃんころ屋」で琉Q山猫が作られています。

沖縄の土を使って作られる琉Q山猫のやちむん。
土は、基本となる赤土と表面を覆う白土があり、琉Q山猫には白土が使われています。

作り手の「にゃんころ屋」の小澤早苗さんによると、琉Q山猫で使った白土は、「少しグレーがかっていて、コシが弱く、ゆるめのバターのような感触」だとか。
その土を水で溶かし泥のような状態にして、型に流し込んで成形していきます。
ちょこんとかわいい手や、すらりと伸びたしっぽと言った細かい箇所は手捻りで表現されています。
土が柔らかいので、焼きあがって型から外すときは、歪まないように丁寧に扱うことが、何よりも大切なんだそう。

沖縄の土を使って作られる琉Q山猫のやちむん。
土は、基本となる赤土と表面を覆う白土があり、琉Q山猫には白土が使われています。

作り手の「にゃんころ屋」の小澤早苗さんによると、琉Q山猫で使った白土は、「少しグレーがかっていて、コシが弱く、ゆるめのバターのような感触」だとか。
その土を水で溶かし泥のような状態にして、型に流し込んで成形していきます。
ちょこんとかわいい手や、すらりと伸びたしっぽと言った細かい箇所は手捻りで表現されています。
土が柔らかいので、焼きあがって型から外すときは、歪まないように丁寧に扱うことが、何よりも大切なんだそう。

「綺麗にできるように」と慎重に心をこめて作られています。

「綺麗にできるように」と慎重に心をこめて作られています。

素材の土を感じられるような、ざっくりとした手触りと素朴なフォルムが温かな印象の琉Q山猫のやちむん。
このデザインは、デザイナーのキギさんによるもの。

キギさんの食卓の上には普段からやちむんがあり、身近なものであったために、やちむん独特の温かな質感を生かして愛嬌のあるものを、とデザインされたそうです。
沖縄ならではの動物として真っ先に思い浮かんだという「イリオモテヤマネコ」。
本物はスリムでスラリとしているのですが、今回は土のしっかりとした重量感が感じられ、手に馴染む大きさに、とデザインすると、200gのお砂糖がちょうど入るぽってりとしたサイズになったとのこと。

素材の土を感じられるような、ざっくりとした手触りと素朴なフォルムが温かな印象の琉Q山猫のやちむん。
このデザインは、デザイナーのキギさんによるもの。

キギさんの食卓の上には普段からやちむんがあり、身近なものであったために、やちむん独特の温かな質感を生かして愛嬌のあるものを、とデザインされたそうです。
沖縄ならではの動物として真っ先に思い浮かんだという「イリオモテヤマネコ」。
本物はスリムでスラリとしているのですが、今回は土のしっかりとした重量感が感じられ、手に馴染む大きさに、とデザインすると、200gのお砂糖がちょうど入るぽってりとしたサイズになったとのこと。

20年間変わらぬ配合を続けている「きび砂糖」

このきび砂糖は創業42年の黒糖本舗垣乃花が、粗糖(原料糖)と黒糖、そしてサンゴカルシウムを、特別な配合で合わせたものです。
特別な配合といっても科学的に計算しているわけではなく、何度も何度も配合を変えて実際に作ってみることで、一番効率良く水分が飛び、均等に混じりあう分量を見つけた配合なのだそう。
それが結果として、一番口当たりが滑らかになるということがわかってから、作り始めて20年間、変わらぬ配合として守られています。

このきび砂糖は創業42年の黒糖本舗垣乃花が、粗糖(原料糖)と黒糖、そしてサンゴカルシウムを、特別な配合で合わせたものです。
特別な配合といっても科学的に計算しているわけではなく、何度も何度も配合を変えて実際に作ってみることで、一番効率良く水分が飛び、均等に混じりあう分量を見つけた配合なのだそう。
それが結果として、一番口当たりが滑らかになるということがわかってから、作り始めて20年間、変わらぬ配合として守られています。

きび砂糖の主な原料は粗糖と黒糖で出来ていて、粗糖はサトウキビの絞り汁を下処理した後に、遠心分離機で分離させて残った結晶です。これは様々な砂糖の原料となるもので、精製する前の砂糖。
黒糖はサトウキビの絞り汁をそのまま煮詰め固めたもの。

どちらも沖縄県産のサトウキビを使っていて、粗糖は沖縄本島産、黒糖は離島各地のものにこだわっています。
サトウキビは本島と7つの離島で栽培されていて、「多良間島は濃厚」、「西表島はあっさり」など、島それぞれ味わいや色やかたちに個性があります。

黒糖本舗垣乃花の社長 垣花兼一さんによると「自然のものを使うと、自然と優しい味わいになるので、なるべく、余計なものは加えないようにしています。それが一番美味しいですから」とのこと。

沖縄の島の人にとってサトウキビは、おやつにも、お客さんのお茶請けにも出されるくらい、親しみのあるものです。

昔からなくてはならない甘味料であるサトウキビを使ったきび砂糖のおすすめの食べ方は、コーヒーなどに入れること。そうすると、やわらかな甘みを感じられるのだそう。

えぐみがなく、上品なまろやかさが際立っているので「インスタントコーヒーもブルーマウンテン」というキャッチフレーズがつけられています。

きび砂糖の主な原料は粗糖と黒糖で出来ていて、粗糖はサトウキビの絞り汁を下処理した後に、遠心分離機で分離させて残った結晶です。これは様々な砂糖の原料となるもので、精製する前の砂糖。
黒糖はサトウキビの絞り汁をそのまま煮詰め固めたもの。

どちらも沖縄県産のサトウキビを使っていて、粗糖は沖縄本島産、黒糖は離島各地のものにこだわっています。
サトウキビは本島と7つの離島で栽培されていて、「多良間島は濃厚」、「西表島はあっさり」など、島それぞれ味わいや色やかたちに個性があります。

黒糖本舗垣乃花の社長 垣花兼一さんによると「自然のものを使うと、自然と優しい味わいになるので、なるべく、余計なものは加えないようにしています。それが一番美味しいですから」とのこと。

沖縄の島の人にとってサトウキビは、おやつにも、お客さんのお茶請けにも出されるくらい、親しみのあるものです。

昔からなくてはならない甘味料であるサトウキビを使ったきび砂糖のおすすめの食べ方は、コーヒーなどに入れること。そうすると、やわらかな甘みを感じられるのだそう。

えぐみがなく、上品なまろやかさが際立っているので「インスタントコーヒーもブルーマウンテン」というキャッチフレーズがつけられています。

作り手のこだわりと想いがしっかりと詰まった「琉Q山猫のやちむんときび砂糖」。

いつもの食卓の上が素朴な味わいの陶器にほっこりと和み、まろやかなきび砂糖の甘みに思わず笑顔になるはず。
もちろん贈り物にもピッタリです。
きっと贈られた方も、この素敵なセットに顔をほころばせてくれることでしょう。

作り手のこだわりと想いがしっかりと詰まった「琉Q山猫のやちむんときび砂糖」。

いつもの食卓の上が素朴な味わいの陶器にほっこりと和み、まろやかなきび砂糖の甘みに思わず笑顔になるはず。
もちろん贈り物にもピッタリです。
きっと贈られた方も、この素敵なセットに顔をほころばせてくれることでしょう。

For GIFT

「ほんの気持ち」「手土産」のギフトとしてもおすすめです。

カテゴリ
フード・ドリンク > 調味料・食用油 > 調味料
ブランド
琉Q
原材料名
粗糖(沖縄県産さとうきび)、
黒糖(沖縄県産さとうきび)、
サンゴカルシウム(沖縄県産)
容量
200g
陶器
にゃんころ屋 製造
配送方法
佐川急便
ストア紹介

琉Q

沖縄の恵みと知恵を、日々の生活に。 「琉Q」は、沖縄の太陽と海、 そして、沖縄の人々の知恵と恵みが教えてくれる、 日々の生活を豊かにするモノやコトを紹介していく取り組みです。 もっと見る