icon icons sns_icons Google Play
お支払い方法について
クレジットカード決済、コンビ二決済、ネットバンキングに対応しています。
送料について

詳細な送料についてはこちらをご覧ください。

配送方法について
配送方法についての詳細はこちらをご覧ください。
返品について
商品がお手元に届きましたら、すぐに内容のご確認をお願いいたします。
返品・交換についての詳細はこちらをご覧ください。
Summer Sale 2020
キナリノモールについて
キナリノモールについて
暮らしを素敵にするモノを集めたショッピングモールです。

メールマガジンについて

メールマガジンについて
キナリノモールから季節に応じて、おすすめアイテムのご紹介やお得なキャンペーンのご案内します​。

沖縄の恵みと知恵を、日々の生活に。

琉Q(ルキュー)は、自然の恵みが溢れる沖縄発祥の商品開発プロジェクトです。
沖縄で営まれてきた”健やかな生活”にヒントを得て、誕生しました。
”沖縄の特産物や、家庭で永く愛されてきたもの”をプロダクトコンセプトに、
商品を通して”沖縄の恵みと知恵”を、わかりやすく紹介していきます。

商品開発にあたって大事にしていることは”素材や製法にこだわった良いもの”であること。
できるだけ無添加・無農薬栽培にこだわり、自然本来のものを大切にお届けしていきます。

沖縄独自の製法で作られた海水塩

古くから伝わる沖縄独自の塩の製法で、ニガリ(マグネシウム、カリウム、カルシウムなど)を含んだ、毎日の食卓に嬉しい、海水塩ができました。
古くから伝わる沖縄独自の塩の製法で、ニガリ(マグネシウム、カリウム、カルシウムなど)を含んだ、毎日の食卓に嬉しい、海水塩ができました。
キッチンや食卓に置いて好きなときにパラッとかけられる便利な小瓶タイプと、お料理に使いやすいたっぷり入ったパウチタイプの2種類です。
キッチンや食卓に置いて好きなときにパラッとかけられる便利な小瓶タイプと、お料理に使いやすいたっぷり入ったパウチタイプの2種類です。

琉球王国の時代から伝わる製法

四方を海に囲まれた沖縄は、その海水を原材料として琉球王国時代から、独自の製法で塩を作っていました。
その製法は、海水を汲み上げて火にかけ、結晶化させる、というもの。
短時間に一度に火をかけて作るのではなく、約3%の海水の濃度を数段階に分けて濃くしていき、最終的に塩の結晶にしていきます。
時間をかけることで、ニガリ(マグシウム、カリウム、カルシウムなどのミネラル)を含んだ海水塩になります。
この”ニガリ”が風味にほのかな苦味と甘みを与え、素材の旨味やコクを引き出して、味わいをまろやかにしてくれるのです。

使われている原材料の海水はもちろん沖縄の海水。
沖縄本島の最南端に位置する糸満沖合約2000mの海水です。
実は明治時代から1997年の塩専売法の廃止まで、海水からの製塩が認められていませんでした。
この製品を作る「株式会社 青い海」は、1997年の塩専売法の廃止を機に、念願だった沖縄の海水を100%原料とした海水塩を誕生させました。

沖縄の海水を琉球王国時代から伝わる製法で。
作り手の想いがしっかりとこめられた贅沢な海水塩です。
四方を海に囲まれた沖縄は、その海水を原材料として琉球王国時代から、独自の製法で塩を作っていました。
その製法は、海水を汲み上げて火にかけ、結晶化させる、というもの。
短時間に一度に火をかけて作るのではなく、約3%の海水の濃度を数段階に分けて濃くしていき、最終的に塩の結晶にしていきます。
時間をかけることで、ニガリ(マグシウム、カリウム、カルシウムなどのミネラル)を含んだ海水塩になります。
この”ニガリ”が風味にほのかな苦味と甘みを与え、素材の旨味やコクを引き出して、味わいをまろやかにしてくれるのです。

使われている原材料の海水はもちろん沖縄の海水。
沖縄本島の最南端に位置する糸満沖合約2000mの海水です。
実は明治時代から1997年の塩専売法の廃止まで、海水からの製塩が認められていませんでした。
この製品を作る「株式会社 青い海」は、1997年の塩専売法の廃止を機に、念願だった沖縄の海水を100%原料とした海水塩を誕生させました。

沖縄の海水を琉球王国時代から伝わる製法で。
作り手の想いがしっかりとこめられた贅沢な海水塩です。

そもそも海水塩と岩塩の違いは?

自然塩、天然塩と聞くと「海水塩」と並んで思い浮かぶのが「岩塩」ではないでしょうか。
「海水塩」と「岩塩」の成分の違いは、ニガリにあります。
岩塩は昔、海だった土地が地殻変動によって地中に埋まり、海水の塩分が数万年、数億年かかって結晶化したものなので、多くは塩化ナトリウム以外の成分をほぼ含んでいない塩になります。
また岩塩は塩自体が硬く、溶けにくいのが特徴なので、料理に使う際には少しコツがいるようです。
海水塩はニガリが程よく残っていて溶けやすいため、素材の旨味やコクを引き出し、味わいをまろやかにしてくれるのです。
自然塩、天然塩と聞くと「海水塩」と並んで思い浮かぶのが「岩塩」ではないでしょうか。
「海水塩」と「岩塩」の成分の違いは、ニガリにあります。
岩塩は昔、海だった土地が地殻変動によって地中に埋まり、海水の塩分が数万年、数億年かかって結晶化したものなので、多くは塩化ナトリウム以外の成分をほぼ含んでいない塩になります。
また岩塩は塩自体が硬く、溶けにくいのが特徴なので、料理に使う際には少しコツがいるようです。
海水塩はニガリが程よく残っていて溶けやすいため、素材の旨味やコクを引き出し、味わいをまろやかにしてくれるのです。

素材の味を引き出す美味しい「海水塩」

琉Q「沖縄糸満の海水塩」を作る株式会社 青い海の古我知信さんにおすすめの料理法をうかがうと「お刺身や天ぷらなどのシンプルな料理に使ってもらいたい」とのこと。
この塩を料理に入れる時は調理の過程で、できるだけ少なめに使い、食べる際にお好みで塩を加えると、塩本来の味が堪能できます。

美しい海に囲まれた沖縄の、独自の海水塩を、ぜひ食卓にキッチンに加えてみてください。
きっと風味豊かな味わい深い一品に仕上がることでしょう。
琉Q「沖縄糸満の海水塩」を作る株式会社 青い海の古我知信さんにおすすめの料理法をうかがうと「お刺身や天ぷらなどのシンプルな料理に使ってもらいたい」とのこと。
この塩を料理に入れる時は調理の過程で、できるだけ少なめに使い、食べる際にお好みで塩を加えると、塩本来の味が堪能できます。

美しい海に囲まれた沖縄の、独自の海水塩を、ぜひ食卓にキッチンに加えてみてください。
きっと風味豊かな味わい深い一品に仕上がることでしょう。
カテゴリ
フード・ドリンク > 調味料・食用油 > 調味料
ブランド
琉Q
原材料名
海水(100%沖縄)
配送方法
レターパックプラス
ストア紹介

琉Q

沖縄の恵みと知恵を、日々の生活に。 「琉Q」は、沖縄の太陽と海、 そして、沖縄の人々の知恵と恵みが教えてくれる、 日々の生活を豊かにするモノやコトを紹介していく取り組みです。 もっと見る