icon icons sns_icons Google Play
グレー×グリーン

グレー×グリーン

2,420円
ピンク×ブルー

ピンク×ブルー

2,420円
お支払い方法について
クレジットカード決済、コンビ二決済、ネットバンキングに対応しています。
送料について

詳細な送料についてはこちらをご覧ください。

配送方法について
配送方法についての詳細はこちらをご覧ください。
返品について
商品がお手元に届きましたら、すぐに内容のご確認をお願いいたします。
返品・交換についての詳細はこちらをご覧ください。
Summer Sale 2020
キナリノモールについて
キナリノモールについて
暮らしを素敵にするモノを集めたショッピングモールです。

メールマガジンについて

メールマガジンについて
キナリノモールから季節に応じて、おすすめアイテムのご紹介やお得なキャンペーンのご案内します​。

にじゆら×hirali 限定 コラボてぬぐい

2,420円
  • 郵便での発送になりますので着日が指定できません。予めご了承ください

    ◾️夏季休暇中の発送について◾️

    誠に勝手ながら、8月12日(水)〜8月17日(月)
    夏季休暇の為、期間中にご注文いただいた分は
    8月18日(火)以降の発送になります。
にじゆら×hirali コラボレーション手ぬぐい

異なる技術が合わさり新しい手ぬぐいが誕生しました。


にじゆらとhirali 。
どちらも大阪府堺市にあります。
工場があるのは南の方にある毛穴町という場所です。
2社は徒歩3分というご近所さん。
周りには、生地の織り屋、生地を白くする晒屋、染屋があります。堺は全国唯一の手ぬぐいの産地なんです。
手ぬぐいには同じように見えて様々な染めの技法があることはでご存知ですか?
にじゆらとhirali 手ぬぐいの染め工場ですが、実は全く違う技法で染めています。

にじゆらは「注染」
hirali は「ロール捺染」
注染は文字通り注いで染める伝統的な技法。
明治時代に大阪で生まれました。
布を重ね合わせて、染料を注いで染めますので、裏表なく染まるのが特徴です。
ロール捺染は100年前から続く昔ながらの機械で染めていきます。
hirali はその機械を使い独自の技術で裏表違う色で染める、リバーシブル染色を可能にしました。
にじゆらとhirali は使っている生地もそれぞれ特徴があります。
にじゆらは「特岡」といって、細めの糸で織られた生地。さらっとした肌触りの良いのが特徴です。
hirali は「上文」といって、太めの糸で織られた厚めの生地。使うごとにふわっとして、吸水性の良くなるのが特徴です。

今回はこの違いも楽しんでいただくために、2種類の生地で作りました。

ピンク×ブルーが特岡
グリーン×グレーが上文

使って2種類の生地を比べてみてもおもしろいですね。
形はちがえど、どちらもこだわりをもって手間ひまをかけて裏表なく染め上げています。
その2つのブランドがコラボレーション。裏と表で表情の違う、今までにない手ぬぐいができました。
お弁当を包むときに、少しだけウラの色をみせてもかわいいですね。

ギフトラッピングについて

当ストアでご購入頂いたお客様へ、ラッピングサービスを承っております。

ご希望の場合は、商品と一緒に「【hirali 専用】ギフトラッピング」をショッピングカートに追加してださい。

※必ずギフトラッピングのページ内の注意点をご確認の上、ご了承ください。

商品画像について

パソコンのモニター環境や携帯電話の機種・設定によって、商品の色味や素材感などが実物と異なって見える場合がございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。

染め工場・竹野染工について

手ぬぐいの町・堺から、新しいかたちの「一枚」を
江戸時代から和晒産業が盛んであった大阪・堺市。竹野染工はこの町で昭和36年の創業以来「ロール捺染」という技術を用いて手ぬぐいや浴衣、布おむつを生産してきました。

暮らしのかたちが昔と大きく変わりつつある今、和晒の表も裏も知り尽くした当工場から新しい価値を備えたテキスタイルを生み出し、ロール捺染の技術を次世代へと継承していきたいと思います。

そこから生まれていくものは、手ぬぐいか、服か、はたまたまったく新しいプロダクトか。新しい風とともに暮らしに舞い込む一枚一枚にご期待ください。

hirali(ヒラリ)

表裏一体となって、季節の色合いをなす。新しい「手ぬぐい」のかたち。

hirali(ヒラリ)は「重ねの色目」という日本古来の色彩文化に着想を得たブランドです。両面を別の色に染める独自の技術を生かし、季語をモチーフとしたデザインをお届けします。

Oo(ワオ)

汗ばみやすく、寒さを感じとりやすい首をやさしく包むものがあってもいい。

Oo(ワオ)は、大阪堺市の伝統産業「和晒」を輪っか状に縫い上げたネックアンダーウェア。吸水性が高く、ふんわりと心地よい肌ざわりで首元を包む"首の肌着"を作りました。
グレー×グリーン

グレー×グリーン

2,420円
ピンク×ブルー

ピンク×ブルー

2,420円
ストア紹介

hirali

手ぬぐいの町・堺から、 新しいかたちの「一枚」を。 江戸時代から和晒産業が盛んであった大阪・堺市。竹野染工はこの町で昭和36年の創業以来、ロール捺染という技術を用いて手ぬぐいや浴衣、布おむつを生産...もっと見る