icon icons sns_icons Google Play
756029c65eefdc1f3b59ea73920a0b84b4ae0d36

夏の日差しをカットしてくれる、てぬぐい日傘

ストア:cortina掲載日:2020/05/09
こんにちは!cortinaです。

急に気温が上がったように感じるこの頃。半袖でも平気というか、長袖ではもう暑い!となる時間も増えてきました。急いで日焼け止めを買いに行き、たんすの奥からアームカバーを引っ張り出してきました。
紫外線はほんと大敵ですよね…!

今日ご紹介するのは、そんな紫外線対策には欠かせない!日傘です。
傘の外と中で色が違う!不思議で可愛い日傘をたっぷりご紹介いたします。これからの季節のパートナーにいかがでしょうか。

日本で唯一の技術、てぬぐいの両面染色

当店に新しく仲間入りしたブランド、ヒラリ。
てぬぐいのブランドですが、表と裏で異なる色で染色しています。どちらの方向から見ても見事な発色で、反対側の色が影響しないのがとっても不思議。
そんなてぬぐいを用いて作られたのが、今回の日傘です。傘の中に居る間も、美しい和の色を楽しむことができます。
今回傘として入荷したデザインは5つ。「重ねの色目」という古来から伝わる色彩の考え方を用いています。

5つのデザインをご紹介

風光る…春の風が光る輝くように感じられることを表す季語。爽やかで心躍るような明るい陽光をイメージできる配色です。デザインは風車をモチーフにしています。
山眠る…静けさが漂う冬の山を形容する季語。凛とした空気や静寂が広がる山肌をイメージしたカラーです。山路をモチーフにデザインされています。
冬凪…冬の強い季節風が収まり、海の波が穏やかになぎ渡る状態のことを冬凪といいます。寒さが厳しい冬の海をイメージした配色で、海中に突き出た洲を意味する、洲浜文様を取り入れています。
雪あられ…雪の結晶に微細な氷の粒が付着してできる、球形の粒子を「雪あられ」といいます。冷え込む朝夕に多く見られる現象から、この配色となりました。
氷結ぶ…厳寒の中、池や川など氷を張ることを「結ぶ」と呼びます。江戸時代につくられた氷割れ文様と呼ばれるパターンをデザインのモチーフにしています。

嬉しい機能性も◎

生地はUVカット加工が施されていますので、夏の強い日差しからもしっかりと守ってくれます。柄は伸縮式になっているのも便利ですよ。
hirali|てぬぐい日傘
hirali|てぬぐい日傘
16,500円
ストア紹介
99eda9b14b475acbde3877445c1145fa799a2e62

cortina

「今の」お気に入りを、「ずっと」お気に入りに。 cortina(コルティーナ)では、お客さまの毎日が楽しくなり、ちょっぴり心が豊かになるような、日々の暮らしの中に小さな幸せをプラスできるものをご提案し...もっと見る

このストアの新着ストアレター